男性でも更年期障害になる|病気の連鎖に要注意

血糖値が上昇する病気

サプリメント

種類と病気

これといった症状が表に出ないために発見も難しい糖尿病は、血糖値を下げる働きのあるホルモンのインスリンがうまく分泌されないために、慢性的な高血糖に陥ります。そんな糖尿病には1型と2型、境界型や妊娠の影響で発症するタイプがあり、遺伝子や他の病気によって発症することもあります。これらの中でも日本では圧倒的に2型が多く、2型は原因として生活習慣が関係していることが多いです。また糖尿病を誘発する病気としては膵炎や肝機能障害などがあり、さらに糖尿病によって他の病気が誘発されることもあります。たとえば高脂血症や高血圧などは有名で、他にも骨粗しょう症や痛風、糖尿病治療によるストレスからうつ病なども発症するケースもみられますし、合併症を発症すると命に関わる病気になることもあります。

生活習慣で予防を

糖尿病が発症すれば初期状態なら食事療法や運動療法での治療になりますが、症状が進行している場合は薬物療法が一般的で、血糖値を下げる薬の服用やインスリン注射などがあります。もっとも薬物治療以外の食事療法や運動療法は、基本的に糖尿病が発症する前の段階でも有効的で実行可能なため、病気がすでに発症している場合はもちろんですが、予備軍や予防といった意味でも実施すれば効果があります。食事に関しては決められたカロリー内でたんぱく質や脂質、ビタミンやミネラルなどの栄養素を摂取することが理想的で、食品交換表を確認すると便利です。また最近では健康補助食品でも効果があるとされているものもよく見かけますが、そういったものは必ずしも効果があるわけではないので注意しつつ、使用したい場合は医師に相談して判断を仰ぎましょう。そして運動に関しては激しい運動だと続かない上に怪我などの原因になることもあるため、軽度なものを楽しみながら継続するようにすることが重要です。